ポータルサイトと検索エンジンとの違い

検索エンジンというのは、インターネットに存在する情報を検索する機能及びそのプログラムの事を指します。情報にはウェブページ、ウェブサイト、画像ファイルやネットニュースなどがありますが、インターネットが普及し出した初期の頃には、検索としての機能のみを提供していたウェブサイトそのものを検索エンジンと呼んでいました。現在では検索をサービスの一つとして提供するウェブサイトをそう呼ぶことはなく、インターネットに限定せずに情報を検索するシステム全般を含むようになりました。一般的には検索窓と呼ばれるボックスにキーワードを入力して検索をかけるものです。

これに対してのポータルサイトというのは、単に検索をかけて情報を探し出すのみならず、特定の地域サービスに特化していたり、インターネットのサービスプロバイダのサービス情報サイトであったり、育児、環境、趣味、音楽、女性の生き方他のテーマを絞り混む等して専門性を高めています。利用者の閲覧が増えるということはそれだけアクセス数が増えるということですから、広告収入等のビジネスにも繋がります。実際にポータルサイトに広告を載せたいと企業が考える場合、閲覧者が多いサイトを選ぶことはごく自然のことです。

Copyright© 賢いポータルサイトの利用法 All Rights Reserved.